月別アーカイブ: 2016年11月

歯医者に関する諸事情-ホワイトニングと虫歯って

歯ですが、人間だけでなく、犬や猫といった哺乳動物や魚類や爬虫類にも在る、口内(俗に言う、口腔)に在る、食べ物を咀嚼する事が主な目的となっている器官をいいます。歯ですが、色は基本的には白色です。
 歯の色は白が基本ですが、これは「健康な状態」を意味しています。「歯が黄ばんでいるような場合」ですが、これは、コーヒーや紅茶の汚れが付着していて、歯磨きをしないでいる場合が該当するようです。歯は、白い部分はエナメル質となっていて、硬いです。エナメルの内側は象牙質となっており、その内側は神経系等が在ります。また、エナメル質の歯を支えている部分は歯肉となっており、健康な状態が保たれなければ壊死してしまい、入れ歯を装着しなければならなくなってしまいます。ホワイトニングは誰でもしたいですがなかなか保険も適用されません。

 入れ歯、要するに義歯ですが、これは鹿やセイウチといった哺乳動物の歯が使われるといわれています。また、入れ歯だけでなく、差し歯に関しては金属類を活用します。ただ、金属類の場合、人によっては金属アレルギーを引き起こす事が在るので、義歯等は鹿やセイウチの歯を使用した方が良いかもしれません。
 とはいえ、義歯等ですが、動物の歯を利用する場合、「絶滅のおそれのある野生動物の種の国際取引に関する条約」(俗に言う、ワシントン条約)に反すれば、好ましくない事になってしまいます。
 歯ですが、酸には弱いとされています。例えば、コーラといった炭酸飲料に、何らかの理由で抜いた歯を漬け込んだ場合、何日か経過したら溶解してしまうといいます。また、甘い物を好んで食べる人の場合、薬用歯磨きを積極的に活用しなければなりません。砂糖には、歯を駄目にしてしまう物質が含有されているからであり、放置しておくと虫歯になりかねません。
 虫歯ですが、エナメル質や象牙質が欠けている場合、食物を当該箇所に入れると痛くて堪らないとされています。虫歯ですが、基本的には保険診療が可能となっています。虫歯の保険診療の費用ですが、約2千~2万円程度となっています。自由診療をする場合、5万円以上掛かる事が少なくありません。健康保険等が適用されない自由診療の場合、最低でも五千円は掛かる事になっています。
 また、虫歯等に掛かる診療費ですが、初診の場合は七百円程度となります。再診に関しては、140円程度掛かるとされています。また、点数ですが、1点で10円となっているようです。
 他には、抜歯や歯の神経を抜き取る場合、手術に掛かる期間は大体3日程度となります。また、金属等を詰めたり被せる場合は、2日掛かるとされています。
 歯は主として食べ物を咀嚼するために在りますが、そうでなくても大事な役割を果たしています。それは、言葉を発する際に発音を正しくさせる事、顔の表情を作るのに大いに役立っている事です。歯を全部抜いてしまった場合、「何を言っているのか分からない」事になるそうであり、歯の手入れは欠かせないとされています。また、歯が全部無い状態で笑った顔をした場合、違和感を感じてしまう人もいるそうです。
 抜歯ですが、自然と行われる事が在ります。それは、子供の場合、乳歯の下に永久歯が在り、自然と乳歯が取れてしまったという場合です。