Uncategorized」カテゴリーアーカイブ

50歳になるまえにホワイトニング歯磨き粉で予防しておくべき5つの理由

ホワイトニングの始まりは歯磨き粉から!50歳になる前にするべきこと

ホワイトニングをするならまずは歯磨き粉にこだわるべきなのは間違いありません。

私は、小さい頃から歯並びの悪いのがコンプレックスでした。いつも歯の矯正がしたいと思っていましたが、お金がとても掛かるので親には頼めませんでした。そして結婚して引越しした隣が偶然にも歯医者さんで、家族全員そこでお世話になる事になりました。歯が痛くなって通うと、先生からいつも、どうしてこんなに歯並びが悪いんだろうね、と言われましたがどう仕様もありませんでした。がたがたの歯並びでしたので、もちろん歯磨きもそこそこで、綺麗に磨いた事は一度もありませんでした。

ですから歯肉炎になり、歯石はたまり歯医者さんに行く度に歯の掃除と歯磨き指導をして貰いました。そしてある時、思い切って主人に歯の矯正をしたいと相談をしました。するとまず、どれ位費用が掛かるか聞いてから、と言われ早速相談に行きました。先生は、お隣さんだから安くしとくね、と言われ毎月1万円ずつ支払ってくれれば良いよとおっしゃって下さったのです。そして主人の許可もでて矯正を始める事になりました。が、そこからが大変で、兎に角今の歯の状態を良くしてから、と言う事で歯磨き指導を受け丁寧に磨く様にしました。

そして矯正器具をはめたのですが、ワイヤーが邪魔で中々上手く磨けませんでした。しかし、途中で虫歯になると矯正が続けられないと言われたので、教えて貰った通りに磨く様にしました。綺麗な歯並びを夢見ていたので一生懸命磨きました。磨き方は2種類の大きさの違う歯ブラシと歯間ブラシ、フロスを使って磨くやり方でした。

今までは、自分の汚い歯並びを見るのも嫌で、歯ブラシだけで適当にしか磨いていませんでしたが、どんどん綺麗になって行く歯並びを見ながら磨くのはとても楽しみでした。手鏡を見ながら、歯の裏側もきちんと磨き、歯の間も大きさに合わせて色んなサイズの歯間ブラシを揃えて一本一本丁寧に磨きました。そこで驚いたのが、一日で歯の間にこれだけ食べ物が挟まっているのか、と言うことでした。それを今まで何もせずほったらかしにしていた訳ですから、歯肉炎になって当然だと思いました。

それから行く度に、磨き残しはないかと聞いて磨く様になりました。

それから、10年程経ちますが、今でもきちんと磨く習慣が付いて毎日同じ様に磨かないと気が済まなくなりました。折角高いお金をかけて綺麗な歯並びになったのですから、一生この歯で過ごしたいと思っています。そして、不思議な事に、歯磨きを丁寧にし出してから風邪を引かなくなりました。歯磨きは大切だと言われていますが、こう言う事なんだと自分の体験で実感しています。そして二ヶ月に一度歯の掃除に行くのですが、いつも綺麗に磨いているね、と褒められる様な歯になりました。

歯磨きは虫歯を防いでホワイトニングも!

歯並びの関係で虫歯が出来やすい私はしょっちゅう虫歯を作っては歯医者へ通う生活を送っていました。治療中のあの染みる痛みと高音の機械音が大嫌いな私は治療のたびに、これからはもう虫歯を作らないぞと心に誓うのですが、持ち前の面倒くさがりな性格も相まってなかなか虫歯はなくなりませんでした。今思うと、母親からの毎日の「歯磨いたの?もう歯磨き終わったの?」と言う言葉が私を更に歯を磨かない星人にさせていたのだと思います。人は分かっていることほど他人からとやかく言われなくないもの、言われれば言われるほど反抗したくなる生き物です。

そんな私が歯磨きが好きなったのは大人になったここ数年のことです。きっかけは結婚した旦那が大の歯磨き好きということからでした。いつも旦那は気持ちよさそうに歯を磨いた後、洗浄液で口をすすぎます。私も旦那がいる手前歯を磨かないままいるということに抵抗を覚えたので、真似をしながら一緒に歯を磨き洗浄液口をすすぐ日々が始まりました。すると徐々に磨き終わった後のツルツル感が快感になっていき今では毎日歯磨きしないと気持ち悪いくらいで、旦那とどの歯磨きグッズについて語り合うこともしばしばあります。

こんな私でもしっかりと歯磨きをするようになったので、今歯磨きを嫌がっているお子さんがいて困っている親御さんがいたとしてもそんなに心配される必要はないかと思います。年頃になって好きな人が出来たり、お洒落が楽しくなってくる頃になれば自ずと歯磨きにも気をつけるでしょうから。それまでは、どうか怒るのではなく、歯磨きの楽しさ、気持ちよさを伝えて欲しいと怒られた私としては思うのです。

そして少し話しは変わりますが、お勧めの歯ブラシ、歯磨き粉を紹介させて頂きます。まず歯ブラシ(あくまでも個人的な意見ですが)は、バトラーシリーズがお勧めです。割と昔から売られているかと思いますが、今でも歯科医院でお勧めしている先生も多いです。細身で小さめの歯ブラシのため細かい隙間や前歯の裏側の凹みなども非常に磨きやすいです。

こちらの歯ブラシはドラッグストアなとで購入可能です。次に歯磨き粉ですが、お勧めはチェックアップシリーズです。スースーするような刺激のあるものではないので物足りないと感じる方もいるかもしれませんが、その分子どもから大人まで使えます。フッ化物配合のためでき始めの小さな虫歯はであれば再石灰化で歯が修復される可能性もありますし、虫歯予防にもなるお勧め歯磨き粉です。こちらはドラッグストアでは見かけませんが東急ハンズなどでは購入可能です。いつまでも美味しいご飯を食べるため、お洒落をするために楽しく、気持ちよく歯磨きを続けましょう。

よく「食べた後にはすぐ歯磨きしなさい」と言われて育った人が多いと思います。私も小さい頃親にそう言われて育ちました。でも最近はその常識も変わってきたみたいですね。よくテレビで見かけますが、歯の専門家の話によると、食べた後は歯が酸が強い状態のため、すぐに磨いたら歯の表面を傷つけてしまってボロボロにしてしまう恐れがあるみたいです。そこまで極端なことではなさそうですが、聞いていて少し納得する話ではあります。食べた後、歯磨きするまで30分前後待つのが理想的みたいです。

ホワイトニングには歯磨き粉が有効的と言われておりますが、どの歯磨き粉を使っても良いという事はありません。
しっかりとホワイトニング効果がある歯磨き粉を使って毎日の歯磨き粉をすることによって効果が実感できることは間違いありません。
実際にホワイトニング歯磨き粉の公式サイトでも下記のように解説がなされています。

海外の歯磨き粉も合わせるとその数は数千種類以上にもなります。

その中には、しっかりとホワイトニング効果を実感できる歯磨き粉もあればお世辞にも全く効果がないどころか歯にとっても悪影響を与えてしまいかねない粗悪な商品も残念ながら存在します。

ですが、商品が多すぎて本当にホワイトニング効果を期待できる歯磨き粉はどれなのか分からない方がほとんどだと思います。

有名な商品だから。芸能人やモデルが使っているからという理由で選んでしまうのは絶対にやめてください。
出典:ホワイトニング歯磨き粉ランキング【最新版】-歯を白くするcom

このように、歯磨き粉を使ってホワイトニングをする際には歯磨き粉選びが非常に重要なことがわかります。

ちなみに私は朝は時間がないので朝ごはんを食べた後10分経ったら歯磨きをします。その10分間の間には食器を片づけたり髪を梳かしたりしています。お昼のときは磨きません。歯ブラシを会社に持って行くのが面倒なのと、30分待って磨くぐらいなら磨かない方が楽、という少し怠慢な考えです。でもフロスはします。食べた後フロスして、口をゆすぎます。そして夕飯の後に磨きます。もちろん夕飯を家で食べた場合はできるだけ30分置いてから磨くようにしています。なので歯磨きは基本的に一日に二回だけです。例外的な日もありますが。午後に人と会って近い距離で接しなくてはいけない場合はお昼を食べたすぐ後にでも磨くようにはしています。口臭で人を不快にさせたくはないので。

でもときどき思うことがあるのです。お昼の後に歯を磨かかないまま一日の残りを過ごした場合、夕飯を食べるまでの何時間の間に口の中がやけに乾燥して臭いが溜まる気がするのです。そして最近ある芸能人の美容法を雑誌で見かけたのですが、その人は「歯の美白のためには食事後すぐに歯磨きをする」と書いてありました。

その人曰く、とくにお茶やコーヒーを飲んだ後は、すぐに磨かないと茶渋やコーヒーのシミが歯に残ってしまうそうです。考えてみれば急須などに茶渋が残ってしまって、洗剤で何度も洗っても洗い落とせないときってありますよね。歯にもきっと同じことが起きるのかもしれませんね。そう思うと私も少し自分の歯磨きの習慣を考えてしまいます。茶渋やコーヒーのシミはどれぐらいの時間で沈着してしまうのかが気になるところです。横浜に住んでいる人も東京に住んでいる人も一緒です。

ちなみにちょっとした自慢ですが、私は生まれてから一度も虫歯になったことがありません。半年置きの歯科検診をずっと受けているからかもしれませんが、受けていても虫歯になる人はなりますからね。今の歯磨きの習慣に変わってからもずっと虫歯なしの状態が保てているということは、今の「ランチ後歯磨きはしない」習慣でも大丈夫だということかもしれませんね。とりあえずもう少し今のまま過ごしてみようと思います。

ホワイトニングを目指したい方は歯磨き粉にこだわってみるのも良いかもしれませんね。

歯の治療日と予約日の間の憂鬱を解消するには

自分のスケジュールが忙しく都合が中々付けられないというのが根本の理由としてあるものの、一旦痛みが出て始まった歯医者通いが数カ月以上に長引くと、さすがにうんざりとさせられるものです。
治療日と治療日とのインターバルは常に次の痛い治療を予期して不安ばかりが大きくなり、その間に休日やオフがいくらあっても真から楽しむ事が出来ません。もちろん前回の治療からの歯の痛みが長引いてしまえば、楽しむどころでは無くなってしまいます。
特に神経の処理にまで及ぶ根幹治療や深い根を張った奥歯の抜歯、重度の麻酔を伴う酷い虫歯等の治療となると、術後麻酔が切れた後が本当に大変。痛みが全て抜けるまで1週間近く掛かってしまうケースもあり、そんな治療が複数回続く事になれば自然と気分も落ち込んでしまうのです。
こんな時は無理して活発に活動したり明るく振る舞うのは逆効果。むしろこれらのストレスを解消すべく、一旦痛みが引いたらのんびりと温泉に浸かり、頭の中を空っぽにしボーっと1日過ごした方がはるかに身の為です。
もちろんこれは私の場合。ストレス解消法は人それぞれなのですが、あまり活発に動き過ぎ身体に疲労や負担が掛かり過ぎると、患部への影響も少なからずあると思っており、幾らアウトドア好きとはいえ治療期間中はどうしても乗り気になれないのは確かです。
仮に本格的なレジャーを楽しむとなっても、徒歩移動や激しい運動が伴う活動は避け、あくまでドライブで景色を楽しみ、じっとその美味しい空気を味わう程度に留めます。ただちょっとは嗜んでも大丈夫だろうと思うのは釣り。ポイントさえ移動しなければ大きな動作は必要ないパターンが多く、これなら歯の事をきにせず比較的安心して取り組めるものなのです。
同じ歯の治療期間中でも、根幹が詰め物で塞がったり抜歯跡が完全に癒合したりすると、ようやくその期間が終わりに向かう事を実感し、やけに感慨深くなるものです。
またここまでくれば治療中の痛みも殆ど起こらず、気分もかなり楽となりますから、治療日の間の日々もだいぶリラックスして楽しめる様になってきます。ある程度激しい動作のスポーツやアウトドアもやっと解禁出来る様になり、長く我慢してきた甲斐があったと心から思うものなのです。
いずれにせよ、こうした苦労やストレスを味わう事無く過ごすには歯の病気の予防は何よりも大切。日々のデンタルケアを欠かさないと共に、数カ月に1度のペースで推奨される定期健診はきっちり受けなければなりませんよね。

歯医者に関する諸事情-ホワイトニングと虫歯って

歯ですが、人間だけでなく、犬や猫といった哺乳動物や魚類や爬虫類にも在る、口内(俗に言う、口腔)に在る、食べ物を咀嚼する事が主な目的となっている器官をいいます。歯ですが、色は基本的には白色です。
 歯の色は白が基本ですが、これは「健康な状態」を意味しています。「歯が黄ばんでいるような場合」ですが、これは、コーヒーや紅茶の汚れが付着していて、歯磨きをしないでいる場合が該当するようです。歯は、白い部分はエナメル質となっていて、硬いです。エナメルの内側は象牙質となっており、その内側は神経系等が在ります。また、エナメル質の歯を支えている部分は歯肉となっており、健康な状態が保たれなければ壊死してしまい、入れ歯を装着しなければならなくなってしまいます。ホワイトニングは誰でもしたいですがなかなか保険も適用されません。

 入れ歯、要するに義歯ですが、これは鹿やセイウチといった哺乳動物の歯が使われるといわれています。また、入れ歯だけでなく、差し歯に関しては金属類を活用します。ただ、金属類の場合、人によっては金属アレルギーを引き起こす事が在るので、義歯等は鹿やセイウチの歯を使用した方が良いかもしれません。
 とはいえ、義歯等ですが、動物の歯を利用する場合、「絶滅のおそれのある野生動物の種の国際取引に関する条約」(俗に言う、ワシントン条約)に反すれば、好ましくない事になってしまいます。
 歯ですが、酸には弱いとされています。例えば、コーラといった炭酸飲料に、何らかの理由で抜いた歯を漬け込んだ場合、何日か経過したら溶解してしまうといいます。また、甘い物を好んで食べる人の場合、薬用歯磨きを積極的に活用しなければなりません。砂糖には、歯を駄目にしてしまう物質が含有されているからであり、放置しておくと虫歯になりかねません。
 虫歯ですが、エナメル質や象牙質が欠けている場合、食物を当該箇所に入れると痛くて堪らないとされています。虫歯ですが、基本的には保険診療が可能となっています。虫歯の保険診療の費用ですが、約2千~2万円程度となっています。自由診療をする場合、5万円以上掛かる事が少なくありません。健康保険等が適用されない自由診療の場合、最低でも五千円は掛かる事になっています。
 また、虫歯等に掛かる診療費ですが、初診の場合は七百円程度となります。再診に関しては、140円程度掛かるとされています。また、点数ですが、1点で10円となっているようです。
 他には、抜歯や歯の神経を抜き取る場合、手術に掛かる期間は大体3日程度となります。また、金属等を詰めたり被せる場合は、2日掛かるとされています。
 歯は主として食べ物を咀嚼するために在りますが、そうでなくても大事な役割を果たしています。それは、言葉を発する際に発音を正しくさせる事、顔の表情を作るのに大いに役立っている事です。歯を全部抜いてしまった場合、「何を言っているのか分からない」事になるそうであり、歯の手入れは欠かせないとされています。また、歯が全部無い状態で笑った顔をした場合、違和感を感じてしまう人もいるそうです。
 抜歯ですが、自然と行われる事が在ります。それは、子供の場合、乳歯の下に永久歯が在り、自然と乳歯が取れてしまったという場合です。

誰もがなる可能性が!白く健康な歯を守ろう!虫歯について

子供のころは歯の検診は学校でもあり、定期的に検診をしておりました。歯医者は基本虫歯がないといかないものだと思っていました。歯が痛くなると歯の治療にいったりしていましたが社会人になるとあまり歯医者にいくことはありませんでした。ですが25歳のときでした。歯の奥がいたくなり虫歯かなと思い歯医者にいくと親知らずが生えてきてるから痛みがあります。といわれて痛み止めの薬をだしてもらいました。数日すると痛みがなくなり歯医者にはいかないくなりました。数か月するとまた歯が痛くなり歯医者にいくことになりました。原因は歯の隙間に食べかすがたまってるからだそうです。それを掃除してもらいました。そしてできたら糸ようじを使って掃除をしてくださいといわれました。自分は少し歯の隙間が空いているので食べかすがたまりやすいそうなので糸ようじを買ってきてご飯を食べると掃除しています。肉を食べたりするとよく歯の隙間に引っかかり、歯磨きしてもとれないので食べかすを取っていないと虫歯になるみたいです。そして数年間歯医者にいくことはありませんでしたが、仕事でしばらく出張にいくことになり、帰ってくるなり歯に激痛がはしりました。とにかく痛くて仕事中でも我慢できずにいました。家に帰るなり、親が飲んでた痛み止めをのんで痛みを和らげてました。数日我慢し歯医者にいくことにしました。するとやはり虫歯になっており、けっこうひどく神経まで抜かないといけないといわれました。自覚症状はあったはずといわれましたがなかったのでわかりませんでした。治療にはけっこう時間がかかり、1回では中々治りませんでした。しばらく歯医者に通うことになりました。歯をぐりぐりされて削られてあの音が気持ち悪くてたまりません。他にも親知らずが虫歯になってるといわれました。親知らずは虫歯になりやすくほとんどの人が抜くそうです。全部抜くのは痛いので虫歯がひどい親知らずのみ抜いてもらいました。そして数年間歯医者にいってなかったので歯の歯垢がけっこうついてるといわれました。前から歯の裏側の汚れが気になっててクリーニングをしてもらうことにしました。歯垢がこびりついており2回にわけてクリーニングしてもらいました。すると歯の裏がきれいになりました。数か月に一回定期的にクリーニングと検診をするほうがいいですよといわれました。確かにこれだけ歯が痛くなり治療にかかるのであれば定期健診にいくべきだと思いました。

若いうちでも出来ちゃう!子供の入れ歯作り

我が子、三歳にして転倒して前歯を折ってしまいました。
そして、根元から折れていたせいで、もう抜くしかなくなり前歯を麻酔して抜いて頂きました。
子供だから難しいと近所の歯医者さんでは対応していただけなくて、隣の県の大学病院でお願いすることになりました。
大学病院の小児歯科の歯医者さんはやはり対応も慣れていてこちらもとても安心してお任せ出来て、良かったなあと思いました。
なんと歯医者さんは初めてだった我が家の三歳児も、泣いたり怖がることなくとても素直にお利口に麻酔して抜くまでしてもらえたのです。
一つ一つやる度に、先生は優しく子供に説明して進めていってくれたので安心したのでしょうね。
そして、抜いた後には見た目のためにも入れ歯する方が良いかもしれないと言われました。
入れ歯なんてしなくても、どうせ乳歯だからまた生えてくるし男の子だからしばらく一本歯がなくても気にしないんでは、と私は思いました。
けれど、話を聞いていくと歯がそこにない状態が続くと、周りの歯がなくなった歯のスペースを埋めようとして幅が狭まるそうです。
そうなると、次に生えてくる永久歯が変な形に生えてきたりする可能性があるから、スペース確保の為にもやはり入れ歯作りして毎日付けた方が良いと言われました。
それなら仕方ない、歯の矯正の方がお金がかかりそうだしと入れ歯を作っていただくことになりました。
入れ歯なんて、まだ私も使った事がないし未知の世界でドキドキしました。
しかも、たった一本の子供の小さな歯の入れ歯ってどうなってるのかと不安と期待でいっぱいだったのです。
まずは、粘土のようなもので入れ歯の型取りをしました。
そして、それを基にして入れ歯を作り、次の時にはめて微調整をしてくれました。
我が子は歯のない状態に慣れてきたばかりだったので、入れ歯の違和感に嫌そうでした。
でも、カッコいい歯が出来て良かったね、と周りから褒めてもらってなんとかその気になってくれました。
そして、毎日入れ歯を付ける練習を始めました。
ようやく入れ歯に慣れてきた頃に、入れ歯が折れてしまいました。
それで、次の診察で直してもらうまで数日入れ歯を付けてなかったのですが、その間にやはり前歯一本分のスペースは少し狭くなっていたと言われました。
だから最初は入れ歯付けた時がきついけどまた入れ歯を付けてしばらくすれば戻るからと説明されました。
我が子が歯を折らなかったらそんな事が起こるなんて知りませんでした。
歯医者さんてすごいなと尊敬しました。

白くて綺麗な歯を保つために!私が親知らずを抜くまで

みなさん、親知らず生えていますか?私は奥歯の奥に4本すべて生えそろっていました。人から聞いた話では、「虫歯になったりしなければ特に抜かなくてもいい」、「昔は親知らずを抜いて失敗すると亡くなる人もいた(昔はきちんとした止血方法が確立されていなかったという理由だと思われる)」など、様々なうわさを耳にしました。

私の場合は、親知らずがまっすぐではなく斜めに生えてきて、奥歯を前に押し出すようにしてしまっていたため、歯並びが悪くなってしまうという悪影響を及ぼしてきていたため、今回とうとう抜いてしまうことになりましたので、その体験談をお伝えできればと思います。

まず、歯医者さん選びは非常に大切です。腕のいい歯医者さんであれば、余計な痛みもお金も払うことなく最短で治療することが可能ですし、なにより自分が抱えている悩みを相談しやすい人であるかも大切だと思います。

歯医者さんが決まったら、あとは自分がどの部分が痛くてどんな症状なのかを細かく伝えていく必要があります。私の場合は親知らずによる歯並びの悪化でしたので、親知らずを抜いてほしいと伝えました。

そのあといよいよ親知らずを抜く準備に入っていきます。まずは対象となる部分のレントゲンを撮影します。それによって、どの程度の長さなのかや虫歯によってペンチでは抜けないのではないかなどの確認を行っていきます。

あまりにも抜きずらい場合には、外科の手術として切る必要もあるとのことでしたが、私の親知らずは比較的抜きやすい生え方をしていたらしく、通常の施術で問題ありませんでした。

まず、該当する歯の上の歯茎に麻酔をしみこませた綿を挟み込み、歯茎の神経を麻痺させていきます。その麻痺させた歯茎に針を刺して麻酔を注射していきます。この2段階の麻酔を行うことで、ほとんど痛みを感じることなく施術を受けることができるのです。

麻酔がしっかりとかかったのを確認し、いよいよ親知らずを抜いていきます。医師が使う専用のペンチで、親知らずをしっかりと挟み込み一気に抜いていくのです。

ここでミシミシっという音が聞こえてきますが、時間にして5分程度でしょうか。あっという間にあっけなく親知らずが抜けてしまいました。当然出血はしますが、綿を丸めたものを詰めてもらえるので、その綿に血を吸ってもらいます。

少し経つと出血は止まりますので、綿を取って終了となります。

親知らずを抜くというと怖いイメージを持つ方も多いかとは思いますが、まずはどのような処置をするのか、確認したほうが良いでしょう。